フェイシャル サロン **YURAMAQUIA**

アンチエイジング VoI.11

<吸引について>

吸引することにより、毛穴のつまりの角栓を取ると同時に

血行を良くしていきます

 

<イオン導入について>

フェイシャルマッサージの後でイオン導入することによって

お肌の奥深くオリジナルのビタミンC導入体美容液を届け

シミ、乾燥ニキビ、美白などに働きかけます。

 

<海藻パック>

パックをすることにより お肌の引き締めと鎮静を促します

 

 

0 コメント

アンチエイジング Vol.10

<スキンケア=保湿>

 

今年は、早く冬が来ましたね。

12月前に冬本番になり、乾燥の季節になりました

そこで、スキンケアについてお話したいと思います。

 

乾燥の季節は、特にうるおいが失なわれがち、バリア機能の低下し、肌あれや老化に繋がって行きます

保湿は、最も重要と言えます

よく化粧品や化粧後にスプレーもする方もいらっしゃいますが、一時しのぎに過ぎず、逆に乾燥を

増発します。

 

冬場湿度50%以下になると角の水分が、蒸発しやすくなるようです

 

水分保持力が、最も高いのはセラミドです

セラミドは、挟み込む。

美容液やクリームタイプを選び1,2,3どれかの入ったもの。

セラミドは、40歳くらいから加速する様に少なくなりますし、自分で、作り出すことが、出来ないので、補う必要が、あります。

おすすめのクリームは、サロンでもご紹介しています

 

コラーゲンやヒアルロン酸は、抱え込む。

サロンでお客様にビタミンC導入体の国産のオリジナル美容液を施術中、使用します。

 さらにしわが気になる方には、マッサージの後で、

超音波の美顔器を使用すると長振動が肌の奥まで届き、真皮を活性化させて、しわ、たるみケアできます。

私自身も毎週していてお肌の引き締めにもなる様です。

 

アンチエイジング Vol.9

<低体温改善>

私は若いころから通常35度程度の低体温での為 風邪など引きやすく 改善に努力して来ました。

低体温は、免疫低下に繋がるようです。

 

5年前に、ホットヨガを頑張って36度代までもって行きましたが、怠っていた為、4か月前に測ったときに

35度以下の日もあり、心を入れ変えました

左の35.99度は2か月前で、36.6度は、6/19日のものです。

やっとここまできました!!

 

①毎朝、コップ2/3の白湯を飲んで腸を整えます。

②お風呂上りは、足の指の間の水分をしっかりふき取る。

③1週間に一度は、適度に運動して血行改善に努める。

 

私はこの3つで、改善しました。

エステと同じで、続けることが、最も必要なことなので、マイペースで続けたいですね。

美容も健康な体が基本です。

もし、貴方が私と同じ 低体温なら試して下さい。

 

アンチエイジングVol.8

<シワ、たるみ>

サロンで最もお悩みの多いのが、シワやたるみに関する事です。

お肌は、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

厚さは、なんと0.02mmでラップ1枚くらいです"(-""-)"

加齢やストレスダメージなどで、段々と老化していきます。

28日でお肌がターンオーバー(再生)されますが、年々時間もかかる様になり、

40歳では40日かかると言われています。

地球には重力もあり逆らえないですよね。

予防としては、保湿の為にコラーゲンやヒアルロン、セラミド入りのもの。

コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールの成分が良いです。

また血液やリンパの流れや代謝を高めるためには、マッサージが有効で、むくみ防止や

皮下脂肪を付ににくくします。

サロンでは、ビタミンC誘導体のヒアルロン酸を使用して働きかけていますし、購入も可能です


***購入可能なサロンの化粧品***

< エモリエントエッセンス>

30ml        5、500yen(+税)

250ml    19、000yen(+税)
(アルブチン、ヒアルロン酸、ビタミンCが主成分)

 

< ピュアエッセンス>

30ml        7,695yen(+税)

(エモリエントエッセンスの約25倍のヒアルロン酸を含む美容液)

*これ一本で、お肌に合わせてどちらか選びます

 

<クレンジングジェル>

120g    5、500yen(+税)
600g 19、000yen(+税)

 ユラマキアのサロン内で購入可能(事前に申し込みください)


0 コメント

アンチエイジングVol.7

今回は、普段、ついつい行っているしぐさが老けてみえたり、老けにつながる

るので気を付けよう!!

 

 No1   眉間のシワ

      嫌な事があるとついつい、やってしまうのが、おでこの間のシワ

      癖がつき、年齢よりも老けて見えるし、涙袋のシワやたるみを加速。

      眉間の間をマッサージして癖をつけない様に気をつけましょう

 

No2 眼をこするしぐさ

  瞼をこすると気持ちいいですよね。

  これを繰り返して行くとミュラー筋が薄くなって伸びてしまい

  たるみなどの原因になります
  アイメイクやメイクを落とす時もなるべくソフトに落としましょう

  またミュラー筋は鍛えることも出来ないので、負担をかけない様に

  パソコンを見る際も目線を落とす角度がベストです

  気を付けましよう

 

  

0 コメント

アンチエイジングVol.6

<野菜ジュースとお水で免疫力を高めて行くと言う考え方>

 

老廃物の排出と体の若返りに効果が。

 

消化器官に休養を与えて体をリセットします

ベストな時期は春や秋の温暖な時期ですが、個人的には、少し体が重くなった時で体調のよい時にしてリセットいます。

 

腸は、ストレスを受けやすい器官。

機能低下は、便秘や下痢の改善にもつながる様です。

 

<1日分>

トマト一個

ニンジン1本

ほうれん草1/2把

レタス3枚

(飲みにくい場合は、りんご一個または、レモン汁一個分、ミネラルウオーターを加えるといいです)

 

♪:朝、昼、夜と一杯づつ、食事がわりにとり、翌日は消化の良いおかゆなどを食べましょう。

まずは1日試してみて、合っていれば、月1回行うと効果的です。

 

フリッシュな野菜と果実を使いますのでビタミン、ミネナルが豊富で、食物繊維が取れて添加物の心配もありません。


<注意>

体調には、個人差がありますので、無理をしない様に個人で体調管理をしてください。

夏や冬は、体調を崩しかねないので注意が必要です

体調が悪いと感じたら、やめる勇気も必要です。

体脂肪15%以下や心臓質感の方はおすすめしません。

自己管理のもと無理なくお試しください。

 

 

1 コメント

アンチエイジングVol.5

先日、眠りに拘っているANAホテルに宿泊した時に参考になる内容の冊子があったので内容についてご紹介します

 

睡眠には、脳や体を休める機能に加えて心身の健康を維持する働きが有ります。

疲労回復、免疫力、感情、記憶力、思考力、食欲、肥満とも密接な関係があり、

 人の眠りは、恒常性維持(まとまった時間起きていたから眠る)と体内時計(夜になるから眠る)の2つの仕組みから出来ています

 

1、決まった時刻に起きましょう

休日と平日の起床時刻の差を少なくして1から2時間程度の差にしていないと逆にすんなり起きれなくなります。

寝だめも出来ません寝だめして夜更かしする事は出来ません。

昼間に強い眠気が続くようなら、普段の睡眠時間を見直しましよう。

 

2、朝日と朝食で体内時計をリセット

体内時計は25時間ですが、それを毎朝、24時間にリセットしています。

朝日を浴びてるのが、有効のようです。

朝食の同じ時間にとる事で、生活のリズムが生まれます。

 

3、メリハリのある生活を
日中は、活動して覚醒度を高くする事で、寝つきもよく睡眠途中の眼覚めも少なくなります。

夕方、30分汗ばむ程度の運動で、体温を上げておくと就寝のころ下がりスムーズに眠れます。

 

4、夜はゆったりとくつろいで。

カフェインや寝酒を控えましょう

コーヒーや緑茶のカフェインは目覚まし作用があり、寝酒は後半の眠りを妨げることが知られていますのでほどほどに。

 

温めのお風呂に入浴して上昇した体温が下がるタイミングで就寝するとスムーズです。

 

5、眠くなってから寝床に就きましょう

8時間に拘ったり、無理して早寝したり、意気込みすぎるとかえって眠れなくなります。なかなか眠れない場合はいったんベッドから離れて、眠くなってから寝床に戻りましょう。

 

6、睡眠環境を整えましょう

枕を合わせましょう

枕えらびの基本は、あお向けに寝た時の姿勢。起立時に比べて、頸椎のカーブがやや浅く、少しあごを引いた状態になる高さの枕が最適です。

硬さ、感触、吸放湿性を考慮して自分に合ったもを選びましょう

光、音、香りでリラックスしましょう。

 

アイマスクやハーブティ、アロマオイルや環音楽などで演出するのも効果的です


眠りの質を高めて体のバランスを整えて快適な生活をする事で、ホルモンバランスを整えて、美肌の土台が出来ていきますので、皆さんも参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

0 コメント

アンチエイジングVol.4

<睡眠は大切です!!>

お肌のお手入れやバランスの良い食事や適度な運動も健康で美肌を保つのには大切ですが、1日6時間程度の質のよい睡眠をとる事でホルモンバランスを整え、自立神経も整えると言う事です。

10時から2時までがゴールデンタイムで、成長ホルモンが出ると言われていましたが、実際には深い睡眠時に分泌のピークを迎えるという事なので、時間帯は関係ないようです。

 

私は、どちらかと言うと低血圧で朝が苦手なのは、その為だと思っていたら、自立神経の乱れと質のよい睡眠がとれていない様です。

 

日頃、気を着ける事として私もついつい、スマホやPC作業を夜してしまいますが、PC画面の光は交感神経の刺激して優位にするので、睡眠の妨げになる様なので寝る3時間前が理想せめて1時間までにしましょう。

夜はできるだけ光を抑えて部屋を暗めにお風呂上りは、徐々に暗くして行くのも効果的です。又シャワーよりも40℃程度のお風呂に浸かると良い様です。

入浴で体が温まる事で、筋肉や神経の緊張がほぐれてストレス解消にもなり、入浴後20分から30分でベットに入ると寝つきもよく質の良い睡眠に入りやすい様なので美肌につながります。半身浴しなくても10分から15分程度全身浴で、肩こりのひどい方は、少しの間でも肩まで浸かると楽になります

ではこのくらいにしてPC作業は終了します。

おやすみなさい(^^)/

 

0 コメント

アンチエイジングVol.3

<5月からのUV対策>

これからの時期なぜUV対策が必要なんでしょう

UVは”ウルトラ バイオレット レイ”の略語で、”紫外線”の事です

紫外線を浴びたお肌は、肌を守ろうとメラニン色素をつくり出し、

うまく排泄されないとシミの原因になり、真皮まで到達して、

弾力を保つコラーゲンを傷つけ、シミやたるみの原因になります。

5年 10年後のお肌に影響があるようです

また 紫外線にはUV-AとUV-Bがありどちらも対策が必要です。

日常レベルは20SPF(300分=5時間)

念入りには敏感肌は30SPF,ノーマル肌は50SPF

アウトドアでは、最高値がよいそうですが、ご自分のお肌と相談して

下さい。

<使用の仕方>

お顔全体隈なく伸ばし、お鼻や頬骨はも丁寧に適量に少ないと効果も薄いようです。

ファンデーションやルースパウダーも朝だけではなく、お化粧直ししましょう。

これから夏本番。必須です。


写真のUVーAB ProtecterはA波B波対応で私も使用しててお勧めです

UV-AB ProtecterLife (顔用)30g 4200Yen

*こちらはヒアルロン酸などの美容液成分が入っていて着けごこちが

 Protecterに比べて更にとてもなめらかです

UV-AB Protecter (顔、からだ用)60g 6300Yen


 

 

 

0 コメント