<Private  フェイシャルエステサロン YURAMAQUIA> 

       リラクゼーションとアンチエイジング

 

当サロンはファセテラピーのテクニックを使って、お顔にリラクゼーションを与える事で全身のホルモンバランスを整えて、お肌本来の自然の働きを取り戻すし、生体のリズムを本来の自然リズムを取り戻します。

 

お顔の筋肉、血液、リンパの硬く滞った状態をスムーズにする事で、全身にめぐる神経を解き放つセラピーです。

 

お顔の筋肉のコリをもみほぐして柔らかくする事で、本来の位置に戻ろうとします。

スムーズに流れる血液、リンパ液は お肌の老化に歯止めをかけるのです。

 

神経が自由に解き放たれるとお顔が本来の豊かな表情を取り戻す。

これこそが、ファセテラピーの目指す美しさです!!

 

*特にシワ、たるみ、アトピー、赤ら顔、アンチエイジングの予防にはマッサージが効果的です!!

 

 

イメージ写真です。

 

 

 

 

吸引すると毛穴の皮脂がこんなに取れます

そのほかに血行もよくなる効果も。

その後、海草パックで引き締めていきます

 定期的にお手入れを行う事で、効果が出ますよ(^^♪

落ち着いて、リラックスして頂ける隠れ家サロンです。

アンチエイジング Vol.10

<スキンケア=保湿>

 

今年は、早く冬が来ましたね。

12月前に冬本番になり、乾燥の季節になりました

そこで、スキンケアについてお話したいと思います。

 

乾燥の季節は、特にうるおいが失なわれがち、バリア機能の低下し、肌あれや老化に繋がって行きます

保湿は、最も重要と言えます

よく化粧品や化粧後にスプレーもする方もいらっしゃいますが、一時しのぎに過ぎず、逆に乾燥を

増発します。

 

冬場湿度50%以下になると角の水分が、蒸発しやすくなるようです

 

水分保持力が、最も高いのはセラミドです

セラミドは、挟み込む。

美容液やクリームタイプを選び1,2,3どれかの入ったもの。

セラミドは、40歳くらいから加速する様に少なくなりますし、自分で、作り出すことが、出来ないので、補う必要が、あります。

おすすめのクリームは、サロンでもご紹介しています

 

コラーゲンやヒアルロン酸は、抱え込む。

サロンでお客様にビタミンC導入体の国産のオリジナル美容液を施術中、使用します。

 さらにしわが気になる方には、マッサージの後で、

超音波の美顔器を使用すると長振動が肌の奥まで届き、真皮を活性化させて、しわ、たるみケアできます。

私自身も毎週していてお肌の引き締めにもなる様です。

 

アンチエイジング Vol.9

続きを読む

アンチエイジングVol.8

<シワ、たるみ>

サロンで最もお悩みの多いのが、シワやたるみに関する事です。

お肌は、表皮、真皮、皮下組織で構成されています。

厚さは、なんと0.02mmでラップ1枚くらいです"(-""-)"

加齢やストレスダメージなどで、段々と老化していきます。

28日でお肌がターンオーバー(再生)されますが、年々時間もかかる様になり、

40歳では40日かかると言われています。

地球には重力もあり逆らえないですよね。

予防としては、保湿の為にコラーゲンやヒアルロン、セラミド入りのもの。

コラーゲンを増やす作用のあるビタミンC誘導体やレチノールの成分が良いです。

また血液やリンパの流れや代謝を高めるためには、マッサージが有効で、むくみ防止や

皮下脂肪を付ににくくします。

サロンでは、ビタミンC誘導体のヒアルロン酸を使用して働きかけていますし、購入も可能です


続きを読む 0 コメント

アンチエイジングVol.7

今回は、普段、ついつい行っているしぐさが老けてみえたり、老けにつながる

るので気を付けよう!!

 

 No1   眉間のシワ

      嫌な事があるとついつい、やってしまうのが、おでこの間のシワ

      癖がつき、年齢よりも老けて見えるし、涙袋のシワやたるみを加速。

      眉間の間をマッサージして癖をつけない様に気をつけましょう

 

No2 眼をこするしぐさ

  瞼をこすると気持ちいいですよね。

  これを繰り返して行くとミュラー筋が薄くなって伸びてしまい

  たるみなどの原因になります
  アイメイクやメイクを落とす時もなるべくソフトに落としましょう

  またミュラー筋は鍛えることも出来ないので、負担をかけない様に

  パソコンを見る際も目線を落とす角度がベストです

  気を付けましよう

 

  

0 コメント

アンチエイジングVol.6

<野菜ジュースとお水で免疫力を高めて行くと言う考え方>

 

老廃物の排出と体の若返りに効果が。

 

消化器官に休養を与えて体をリセットします

ベストな時期は春や秋の温暖な時期ですが、個人的には、少し体が重くなった時で体調のよい時にしてリセットいます。

 

腸は、ストレスを受けやすい器官。

機能低下は、便秘や下痢の改善にもつながる様です。

 

<1日分>

トマト一個

ニンジン1本

ほうれん草1/2把

レタス3枚

(飲みにくい場合は、りんご一個または、レモン汁一個分、ミネラルウオーターを加えるといいです)

 

♪:朝、昼、夜と一杯づつ、食事がわりにとり、翌日は消化の良いおかゆなどを食べましょう。

まずは1日試してみて、合っていれば、月1回行うと効果的です。

 

フリッシュな野菜と果実を使いますのでビタミン、ミネナルが豊富で、食物繊維が取れて添加物の心配もありません。


<注意>

体調には、個人差がありますので、無理をしない様に個人で体調管理をしてください。

夏や冬は、体調を崩しかねないので注意が必要です

体調が悪いと感じたら、やめる勇気も必要です。

体脂肪15%以下や心臓質感の方はおすすめしません。

自己管理のもと無理なくお試しください。

 

 

1 コメント